2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

つぶやきTwitter

無料ブログはココログ

« ポーション FF VII | トップページ | マリオギャラクシー ~クリア~ »

2007年11月10日 (土)

ガリレオ~第4話~

「結果には必ず原因がある。そして、その二つにを結びつける合理的な理由。」

第4話は壊死る(くさる)。原作では心臓が壊死する設定でしたが、ドラマでは心臓マヒで死んだ死体に共通して左胸の皮膚が壊死しているという話でした。

そしてそれらを繋ぐものが超音波。そもそも、超音波を使って人を殺せるのでしょうか。超音波は人が聞こえないくらい高い周波数の音波。

湯川先生いわく、

「超音波を水中に放出すると、負のエネルギーが生じる。水中に空洞や気泡が発生する圧力が負から正に変わる瞬間これらの空洞が消滅することで強烈な破壊作用を起こす。この原理を強力にしたものを水の中で人間の心臓に向かって照射すると、水、皮膚、体液、心臓とつながり、その過程で皮膚が壊死した。水を媒体として超音波を殺人の道具に出来る」

・・・ふむー、さっぱり、わからない。しかし、実に面白いっ。

だんだん、栗林先生役の渡辺いっけいさんがいじられキャラになってる・・・w

« ポーション FF VII | トップページ | マリオギャラクシー ~クリア~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199028/17030747

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレオ~第4話~:

« ポーション FF VII | トップページ | マリオギャラクシー ~クリア~ »