2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

つぶやきTwitter

無料ブログはココログ

« 忘れてたもの | トップページ | SAW3 »

2007年7月27日 (金)

天空の蜂

Image023_s

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情な決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき・・・。

昨今、新潟県中越沖地震でクローズアップされている原発ですが、この作品はその原発がテロリストによって危険にさらされたら・・・というストーリーです。

作中ではたった10時間足らずの出来事ですが、600ページ以上のボリュームで濃厚に緊迫感で満ちて展開していきます。

ちょっと原子炉やヘリコプターに関する記述は専門的で、難しいと感じるところがあるかもしれませんが、それ以上に「え?次どうなるの?」と気になって仕方が無くなってしまいます。

 子供が蜂に刺され初めてその恐ろしさを知る。だが、それでは手遅れなのだと。

« 忘れてたもの | トップページ | SAW3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

ただいま、べひさん。

夜明けの街でじゃないということは天空の蜂かな?と思っていたけど、あたりですね!
そっか~やっぱり面白いですか~

約10年前の作品ということもあり、非常に素直な展開をしたな〜と思いました。(笑)
それに読むタイミングがよかったと思います。
天空の蜂、オススメですよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199028/15911511

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂:

« 忘れてたもの | トップページ | SAW3 »