2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

つぶやきTwitter

無料ブログはココログ

« 片思い | トップページ | 変身 »

2007年6月18日 (月)

武士の一分

全然予備知識無しに相方と一緒に観ました。

観終わっての感想は「これはこれでアリかな」といった感じ。ハリウッドな感動は無いけれど、邦画ならではのテイストがありますが、個人的には肩すかしに近いかも(笑)

盲目な武士を演じる木村拓哉氏の気迫というか、鬼気迫る眼力には「さすが!」と思いました。剣道経験者でもある殺陣も見もの。やっぱり、キムタクはキムタク。主演でもよほどの役柄でないと、役者の個性が強すぎてしまうw

せめてのもの救いがハッピーエンドだということ。コレがあるから映画っていいんだよねー。

« 片思い | トップページ | 変身 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まさかのラブストーリーという感じでしょうか。
役者の色が濃いと役名をスグに忘れてしまい、『キムタクさ~』とか『ノリカさ~』と言ってしまいますw

次はストーリーの面白さを楽しみたいです。

次は「半落ち」とかがいいかな。
でも、始まってから最後までず~っと泣いてるかも
。・゚゚(ノД`)あ゙~ん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199028/15476306

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

« 片思い | トップページ | 変身 »