2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

つぶやきTwitter

無料ブログはココログ

« ニラ玉(370円) | トップページ | 赤い虫? »

2007年5月18日 (金)

白夜行【小説版】

070518_214208_1

ドラマ版を観終わった後、その記憶が風化しないうちにお互いを補うようにこの小説版を一気に読み終わりました。

まず驚くのが、亮司と雪穂が徹底的に客観で書かれていること。

2人の表情や感情は第3者の視点からもののみ。小説のみだと、結局2人は何を秘めているのかはラストの数ページまでわかりません。

なんだかこの理系っぽい徹底ぶりが東野圭吾なのかなと。

ラブストーリーなドラマ版と、ミステリーな小説版の「白夜行」

どちらもオススメです!

« ニラ玉(370円) | トップページ | 赤い虫? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

おお!もう読み終わりましたか!早いですね~。
確かにミステリー調に描かれた小説版はハラハラドキドキ・・・あとドラマよりエグい。。
でも確かに2人は連絡を取り合い、犯罪を犯しているということが分かります。
そこはドラマ版で表面的にも描かれていた、亮司と雪穂の運命、絆を覗えることができますよね。

さ、白夜行の記憶が風化しないうちに次は『幻夜』ですよw

さっき古本屋に行ったら白夜行が600円で売ってました。表紙にドラマ主演の2人が載っているバージョンの方。もちろん買ってませんがw

そうですね、次は「幻夜」ですね~っ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199028/15117558

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行【小説版】:

« ニラ玉(370円) | トップページ | 赤い虫? »